So-net無料ブログ作成
検索選択

消費期限切れや加工日不明の肉を200トン以上保管

<飛騨牛偽装>丸明、16年前の肉も保管 加工日不明など200トン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080712-00000017-maiall-soci

飛騨牛偽装事件の「丸明(まるあき)」で、消費期限切れや加工日不明の肉が200トン以上保管されていることが判明したそうです。
岐阜県は、これらの肉を焼却処分するよう命じました。

最近、食肉偽装などが暴かれていますが、
食品業界では、よく行われている行為なのでしょうか?

ひょっとしたら、国は見て見ぬふりをしてきたのでは?


7月12日14時59分配信 毎日新聞

 岐阜県養老町の食肉卸売会社「丸明(まるあき)」(吉田明一社長)の飛騨牛偽装事件で、丸明が自社で定めた2年間の消費期限を過ぎたり、加工日が不明な肉の保管量が200トンを超えることが11日、県の調査で分かった。1992年に加工された肉も見つかった。県は、期限切れ肉を流通させていなかったか調べているが、加工年月日の表示がない肉も多く、県はこれらの肉を焼却処分するよう丸明に指示した。

 県は食品衛生法や日本農林規格(JAS)法違反などの疑いで、6月23日から丸明に立ち入り調査したところ、冷凍倉庫の奥にブロック肉などが入った段ボール箱が山積み状態で保管されていた。養老町内の丸明の倉庫2棟のうち、旧本社工場の冷凍倉庫に保管されていた肉はほとんどが消費期限切れだった。加工年を示すラベルがない箱もあった。

 箱にはブロック肉など十数キロが入っており、期限切れ肉は1万5000箱に上るとみられる。01年10月から始まった牛海綿状脳症(BSE)による牛の全頭検査開始以前の未検査肉も含まれている。

 県は、養老町内に倉庫を借り、消費期限内の肉約95トンを移して消費期限切れの肉と分離。その上で、消費期限切れ肉を調べているが、03年に牛肉トレーサビリティー法による個体識別番号の表示が義務づけられる以前の肉が多く、来歴の調査は困難になっている。

 吉田社長は県に対し、「(消費期限の切れた肉を)使用していない」と話しているという。【稲垣衆史】


こういう少年少女を見ると、日本の将来が明るく感じます

中学生男女4人、火災から老夫婦救出 宮城・富谷で住宅全焼
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000011-khk-l04

こういう少年少女を見ると、日本の将来が明るく感じます。
火事場で老夫婦を救う勇気はたいしたものです!
きっとご両親も心優しく勇気ある方々なんでしょうね。
その心を次の世代に伝えて下さい。

1月12日14時25分配信 河北新報

 宮城県富谷町富谷町、自転車店経営目黒利幸さん(81)方で11日午後5時20分ごろ、火災が起き、店舗兼住宅150平方メートルが全焼した。下校途中だった富谷中の生徒男女4人が、近所に119番通報を依頼するとともに、居間にいた目黒さんの妻いと子さん(80)を救出、火を消そうとしていた目黒さんも助け出した。

 4人はいずれも2年の岩佐翔太君(14)と鎌田周平君(14)、佐藤知未さん(14)、高田友麻さん(14)。

 宮城県警大和署などによると、煙に気付いた岩佐君らが家の中を見ると、いと子さんが火事に驚き、居間のこたつに入ったまま震えて動けなくなっていた。いと子さんは足の具合が悪く、生徒らは両脇を抱きかかえて救出。火元とみられる風呂場で消火活動をしていた目黒さんを「危ないから」と説得したという。

 岩佐君は「こたつの中にいたおばあちゃんを助けなきゃと思い、無我夢中で家の中に入った。気が付いたらおばあちゃんを外に助け出していた。無事で良かったです」と振り返った。

 「救助が遅れたら危ないところだった」と大和署員。富谷中の中川保信教頭は「火災救助は大人でもなかなかできない。よくぞ冷静に状況を判断して対応できたと思う」と、お手柄をたたえた。黒川地域行政事務組合消防本部などは、4人の表彰を検討する考えだ。

 近所で商店を経営する男性(67)は「最後には炎がすごい勢いで上がっていた。風が強かったら一大事になっていたかもしれない。けが人が出なくてよかった」と話した。

 現場は旧奥州街道の「しんまち通り」沿いにある町中心部の住宅地。火は両隣に延焼し、木造2階の空き家150平方メートルが全焼、木造2階の住宅の一部が焼けた。

 近くには宮城県内で最も古い酒蔵「内ケ崎酒造店」や参勤交代の大名が宿泊した脇本陣跡などがある。


ドラゴンボールの亀仙人はチョウ・ユンファ

実写版映画ドラゴンボール』亀仙人役はチョウ・ユンファに決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000012-flix-movi

何と!チョウ・ユンファが亀仙人?!
来年8月に全米公開される実写版「ドラゴンボール」にチョウ・ユンファが亀仙人役で出演するそうです。

先日は、マイ役に元アイドル歌手の田村英里子が起用されることが発表されました。

しかし、実写版のドラゴンボール・・・楽しみですね!!

12月19日19時45分配信 シネマトゥデイ

 映画『男たちの挽歌』や映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』のチョウ・ユンファが、鳥山明の人気漫画「ドラゴンボール」の実写版映画へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。ユンファが演じるのは、孫悟空の師匠である亀仙人こと武天老師(英語名マスター・ロシ)だ。原作では、背中に大きな甲羅を背負い、かめはめ波を編み出した武術の神でありながらスケベな老人である。

 実写版映画『ドラゴンボール』(仮題)には、すでに悟空役として映画『宇宙戦争』のジャスティン・チャットウィン、敵役のピッコロとしてドラマ「バフィー ~恋する十字架~」のジェームズ・マースターズ、ブルマ役として映画『オペラ座の怪人』のエミー・ロッサム、チチ役として韓国系アメリカ人女優ジェイミー・チャン、ヤムチャ役として韓国の国民的歌手グループgodの元メンバーのパク・ジュンヒョン、マイ役として田村英里子の出演が決まっている。

 また、インターネットサイトEl Universalが伝えたところによると、脇役を演じる俳優が数人明らかになった。悟空の通う高校の学生役としてメキシコ出身のルイス・アリエタとラファエル・バルデスが出演し、映画『フリーダ』のイギリス出身の俳優ジュリアン・セジウィックが教師を演じるそうだ。監督は映画『ファイナル・デスティネーション』のジェームズ・ウォンがあたり、映画『少林サッカー』のチャウ・シンチーがプロデューサーとして作品にかかわる。全米公開は2008年8月15日の予定だ。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。